2011年08月28日

ITサービスマネージャ勉強記04


■ 今週勉強したこと

平成22年度 ITサービスマネージャ 午後1問4
平成21年度 ITサービスマネージャ 午後1問1
平成20年度 テクニカルエンジニア(システム管理)午後1問3

正答率は散々でした。性能の問題が苦手です。
今週はあまり時間取れませんでした。


■ 来週の予定

平成21年度、22年度の午後1を解く予定です。
セキュリティの問題なら多少なんとかなるかも?

 


2011年08月21日

ITサービスマネージャ勉強記03

■ 今週勉強したこと

平成20年度 テクニカルエンジニア(システム管理)午前問題 抜粋
平成21年度 ITサービスマネージャ 午前2問題
平成22年度 ITサービスマネージャ 午前2問題

今までにやってきた平成18〜19年度分と合わせると正答率は7割くらいでした。
午前2の突破基準である6割は超えているものの、ちょっと頼りない感じです。

これで午前2に該当する過去問は一周したことになるので、とりあえず一度締めます。
少し時間をおいて、継続的に少しずつ同じ問題を解いていきたいと思います。
今やりなおすと答え覚えてしまっているので・・・。

ちなみの今週は以下の書籍を購入しました。
・徹底解説ITサービスマネージャ本試験問題〈2011〉
平成20年度から22年度までの午前と午後の問題、解答、解説が掲載されています。
また、平成19年度分もサイトからダウンロードできるようになっています。(計4期分)
これこ購入した理由は2つです。
  1. すでに購入していた「重点対策」は、午後1の過去問が最近のがあまり掲載されていないため
  2. 午前も午後も解説がほしかったため


■ 来週の予定

予定より少し早いですが、午後1対策に着手します。最近の問題からやってみます。

ところで、この試験(前身を含む)って平成17年度以降、午後にセキュリティが
必ず出題されているのですね。
情報セキュリティスペシャリストを受験される方で
午後の問題を少しでも多く解きたい方は、この試験の過去問もあさってみるといいかもしれません。

2011年08月15日

ITサービスマネージャ勉強記02

■ 今週勉強したこと

平成18年度、19年度のテクニカルエンジニア(システム管理)の午前問題を解きました。
ただし、システム管理に関係しそうなところだけ抜粋しています。それ以外は今の午前1の範囲だと思うので。
答え合わせはしていないので正答率はまだ不明です。(というか回答をかいた紙を紛失・・・)
いまのところ計算問題がやはり苦手な感じです。

最近は公式で過去問を公開しているので便利ですね。
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hani_sukil.html
解説までは載っていません。
解説がほしい場合は載ってる書籍を探すか、運が良ければネットにも掲載されているかもしれません。


■ 来週の予定

平成20年度のテクニカルエンジニア(システム管理)の午前問題抜粋と、
平成21年度ITサービスマネージャの午前2を解く予定です。

 

2011年08月07日

ITサービスマネージャ勉強記01

■ はじめに

今年の秋の情報処理技術者試験は「ITサービスマネージャ試験」を受験する予定です。

もともとネットワークや情報セキュリティに興味がある人なのですが、
去年あたりから運用管理のほうにも興味がでてきました。
その関係でITIL v3 Faundationをとったという経緯があり、
今回はこれに通じるITサービスマネージャを受験してみようとことになりました。

論述がある試験はこれが初めてで、目標は午後1まで基準クリア、という設定にしています。
経験も狭く浅いので。


■ ざっくりした計画

[8月]
 午前2対策:書籍を読む、過去問を解く

[9月]
 午後1対策:過去問を解く
 午後2対策:論述の書き方を知る

[10月]
 午後2対策:論述書いてみる
  10月16日試験日

受かりいくなら午後2対策をもっと早めにすべきだと思います。
午前1は去年の秋に高度試験に受かっているので免除申請しました。
ちょっとやってみないとわからないのですが、もしかしたら
通勤時は午前対策、家では午後対策のように
期間じゃなくで場所で分けた方がいいかもとも思っています。


■ 今週勉強したこと

それで8/1から勉強始めました。買ったのはこの本です。
ITサービスマネージャ「専門知識+午後問題」の重点対策〈2011〉

第2部「午前2試験の対策のポイント」まで読みました。
途中、過去問もでてきて解きましたが、この時点では正答率は
7割くらいだと思います。ITILで勉強した時の知識が活きました。
稼働率うんぬんとか基本情報にでてきそうな内容が苦手だったり・・


■ 来週の予定

来週は、平成18・19年度(当時のテクニカルエンジニア システム管理)の午前問題
あたりから解きはじめたいと思います。

2011年08月02日

IPv6が有効なWindowsでICSを有効にするとRAを送る

WindowsにはICS(インターネット接続共有)というものがあります。

インターネット接続共有機能を使えば、1台のインターネット接続を通じて、家庭内やSOHOのLAN上の複数のマシンから、同時にインターネットを利用することができる。
引用: http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/044nat/nat.html

そこでもしかしてと思ったのが、IPv6が有効な場合はRA(Router Advertisement)
を送るのでは、ということです。そこで試してみました。

構成は以下の通りです。右にあるルーターはあまり関係ありません。
ルーターから左はプライベートIPv4アドレスが振ってあります。
ics.jpg


この状態で、パケットキャプチャしているとやはりRAが流れてきました。
pcap_ra_summary.jpg


Mフラグ、Oフラグ、ともに1です。
アドレスもその他の情報もDHCPv6サーバーからもらってください、ということですね。
pcap_ra_detail.jpg


この状態で、Ubuntu側でIPv6の設定を自動にしたところ、RAによるデフォルトゲートウェイが設定されれました。

自動設定前
route6before.jpg

自動設定後(デフォルトゲートウェイ::/0が追加されている)
route6after.jpg


こんな組み合わせでICS経由でインターネットできるのかまでは未検証です。
自宅のインターネット環境は完全にIPv4なので、試すならどこかでIPv4カプセル化するか
トランスレーター入れないとですね・・・。


「ICS IPv6」で検索するとちょっと気になる以下のサイトが。
・インターネット上の異なるサイトでのノード間 IPv6 トラフィック (6to4)
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc779985%28WS.10%29.aspx
ICS を有効にすることによって、Windows XP の IPv6 プロトコルを実行しているコンピュータを 6to4 ルーターとして使用できます。
ただし、少し前の段落に「パブリックな IPv4 アドレスが割り当てられているインターフェイスで、インターネット接続の共有 (ICS) が有効な場合、」とあるので、これが条件なのでしょうか。




posted by webdev at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。