2015年11月15日

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格しました

本屋さんでHTML5プロフェッショナル認定試験の対策本を見かけて
気になったのでやってみることにしました。

■勉強方法

【本】

HTML4.01やCSS2.1の知識と経験はある程度あったのですが、
HTML5やCSS3についてはほとんどなかったので、まずは対策本
を一通り読みました。読んだのはこちらです。




合格にするための範囲はしっかりカバーしていると思います。
ただ、説明に対する表示例が少し少なめなので、
実際に書いて動かして見てみると良いと思います。

章末問題は本番より難しめです。「はじめに」でも
「正解が少なかったとしてもがっかりする必要ありません」
と書いてあるくらいです。
一方、PDFでダウンロードできる60問の模擬試験は
本番のレベルと同じかやや易しい感触です。


【問題集サイト】
・@IT ITトレメ HTML5プロフェッショナル認定資格レベル1

・HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1 サンプル問題
公式サイトにあるサンプル問題です。
順次追加されていくようです。
本番のレベルと同じかやや易しい感触です。


【コーディングサイト】
・JSFIDDLE
ブラウザ上でHTML、CSSを書くとそのまま表示してくれます。
オートインデントされたり、ちょっと気が利いた機能もありす。

・Validator.nu 
HTMLを入力して「Show Outline」にチェックを入れて、
Validateボタンを押すと、アウトラインが確認できます。
どうかいたら、どういうアウトラインになる?というのが
簡単に確認できてよいと思います。


【その他サイト】
・Specificity Calculator
CSSの詳細度を計算してくれるサイトです

・MdN Design Interactive >  第8回目 HTML5の「アウトライン」についてまとめよう 
セクションがなかなか理解できなかったのですが、
ここの説明をよんで理解できるようになりました。



■感想

試験はどちらかというと広く浅くという感じでした。
プロパティの意味を知ってるだけで答えられる問題も。

今回は勉強期間は6日間という短期集中でした。
もっと手を動かして、表示を確認して感覚をつかんだり
すれば良かったのですが、あまりできませんでした。

あとはHTML5やCSS3でできることがたくさん増えたのだなぁ、と思いましたね。
いままではできないとされていた、あんなことこんなことが
できるようになったようなので「Webはあれができないから〜」という
思い込みはやめるようにして「最近はどうなってるんだろう?」
という前のめりの思考にしたほうが良いなと思いました。




posted by webdev at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

Windows10でエクスプローラーで開いてるフォルダをコマンドプロンプトで開くのが楽になった

以前、エクスプローラーで開いているフォルダーをコマンドプロンプトで開く方法(またはその逆)を
ご紹介しましたが、Windows 10では、マウス操作で簡単にコマンドプロンプトが
開けるようになったようです。


まず、エクスプローラーでC:\Windows\system32を開いてるとします。
そこで、[ファイル]-[コマンドプロンプト]をクリックします。
win10cmd02.png



すると、開いていたフォルダをカレントフォルダとしたコマンドプロンプトが開きました。
win10cmd03.png


Windows8/8.1 でもできてたかどうかは未確認です。


posted by webdev at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。