2006年04月06日

Vista世代のマイクロソフトの技術

オープソースのテクノロジばかり追っかけてると誤解されがちですが、
私は反マイクロソフト思考ではありません。

Flash好きな私にとって一番気になっているのは
WPF(Windows Presentation Foundation )です。
次世代API「WinFX」のプレゼンテーション層。
Avalonというコードネームで呼ばれてましたね。
どうやらWPFアプリ(なんと読んだらいいのか分かりませんが)
を動かすのにWindows Vistaは必須ではないようです。機会があればいじってみたいです。

Atlas,XAML,WPF,Expressionシリーズ...
いまVBあつかっている開発者もいずれこれらと付き合うのが
当たり前になってくるのでしょうか。
なんだかんだでマイクロソフトの存在は無視できません。

"live"のほうには全然ついて行けません。。
サービスが始まる前に「今登録しておくと、サービス開始後にお知らせします」
ってのに登録した覚えがあったのだが、結局そのまま放置しちゃってます。

・以下mix06関連リンク
mix06 Windows Presentation Foundation とは? - WPF概要解説
http://iandeth.dyndns.org/mt/ian/archives/000612.html
 →きれいにまとまってます。

mix06 Microsoft流 mix - カンファレンス概要
http://iandeth.dyndns.org/mt/ian/archives/000611.html
 →こちらもまとまってます。

たたみラボ: Microsoft Mix06 カンファレンスまとめ
http://www.tatamilab.jp/rnd/archives/000172.html
 →まとめパワポあり

posted by webdev at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。