2006年06月30日

JavaScriptでz-indexを操作するときの注意

いえ、別にたいしたことでないのですけどね。
今日たまたま知ったのでメモです。

通常JavaScriptからCSSのプロパティを操作するときは
オブジェクト名.style.CSSプロパティ名 = "値"

のようにします。

例: document.getElementById("main").style.display = "none";
(mainというIDが振られている要素の表示を消す)

ただし、z-index(重なりの順序)を操作するときは注意が必要です。
オブジェクト名.style.z-index = 0;

ではなく
オブジェクト名.style.zIndex = 0;

とやります。

「style.z-index」でやるとエラーになっちゃいます。

posted by webdev at 23:52| Comment(1) | TrackBack(2) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
fontSizeもな
Posted by at 2013年04月16日 20:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20081288

この記事へのトラックバック

discount drug altace
Excerpt: JavaScriptでz-indexを操作するときの注意
Weblog: discount drug altace
Tracked: 2007-03-27 00:21

蓁竡髑鴃瑪 袱譛褥??鴈? 袱驫
Excerpt: <a href="http://www.my-kasko-2010.ru/gosstrah-kasko.html">蓁竡髑鴃瑪 袱譛褥??鴈? 袱驫?</a>
Weblog: 蓁竡髑鴃瑪 袱譛褥??鴈? 袱驫
Tracked: 2010-05-09 01:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。