2011年06月09日

「フレッツ・スクウェア」3種類と「サービス情報サイト」まとめ


私はNTT東日本エリアなのですが「フレッツ・スクウェア」という名称がつくサイトが
いくつもあってよくわかりませんでした。なので、自分で調べた範囲でまとめてみます。すべてNTT東日本です。
アクセスサービスと、プロトコルによってサイトが違うようです。


■イメージ





■表

対応アクセスサービス
サイト名
プロトコルサイトURL  
 フレッツ光ネクスト/フレッツ光ライト フレッツ・スクウェア ネクスト
 IPv6 http://flets-east.jp/ 接続方法
 (同上) フレッツ光ネクストサービス情報サイト
 IPv4 http://v4flets-east.jp/ 接続方法
 Bフレッツ/フレッツADSL/フレッツISDN フレッツ・スクウェアv6
 IPv6 http://flets-v6.jp/ 接続方法
 (同上) フレッツスクウェア
 IPv4 http://www.flets/ 接続方法



■補足

さらに混乱してしまうのですが、本記事作成時現在「フレッツのサービス一覧」というページに以下の記述があります。
「フレッツ・スクウェア」、「フレッツ・スクウェア ネクスト」は2011年6月1日より「サービス情報サイト」に名称が変更になりました。
つまり本記事の情報は古い名称を使用していることになるのですが、
NTT東日本のサイトには各所に「フレッツ・スクウェア」という文字が見られます。
いずれは統一されるのだと思います。

posted by webdev at 22:22| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208853524

この記事へのトラックバック

モンクレール ポロシャツ
Excerpt: Web系雑記: 「フレッツ・スクウェア」3種類と「サービス情報サイト」まとめ
Weblog: モンクレール ポロシャツ
Tracked: 2013-11-28 04:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。