2011年06月15日

IPv6[実践]入門(Software Design6月号から)を読みました


Software Design 2011年6月号の第2特集「システム管理者のためのIPv6[実践]入門」を読みました。
どんなことが書いてあったご紹介します。
(もうすぐ7月号の発売ですが・・)

■IPv6の概要
  • IPv6の特徴
  • IPV6アドレスの表記法、構成、種類
  • リンクローカルアドレスの自動生成
  • ユニークローカルアドレスの設定方法(Linux)

■ICMPv6
  • ICMPv6とは
  • リンク層アドレス解決(IPv4でのARPに相当)
  • 重複アドレス検出(DAD)
  • tcpdumpでのパケットの見方

■アドレスの自動設定
  • ステートレスアドレス自動設定(ICMPv6を使用)
  • ステートフルアドレス自動設定(DHCPv6を使用)
  • radvdのインストールと設定
  • DHCPv6サーバーのインストールと設定

■DNSと各種サービスのIPv6対応
  • DNSサーバーの正引にき逆引きレコードの設定方法
  • Apache、xinetd、inetd、TCP Wrapper、Sendmail、Postfix、MySQL、iSCSI、NTPのIPv6対応設定方法


仕組みや理論も載っていましたが、実際の設定方法やtcpdumpでのパケットの見かたも載っているあたりは、タイトル通り[実践]入門らしいなと感じました。
IPv6ネイティブ環境を前提にしているのでトンネリング技術は取り上げられていません。
ページ数にすると28ページで、ほどよいボリュームでした。一冊読むのが厳しい時でもこのくらいでしたら。
posted by webdev at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/210006984

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。