2011年10月02日

UNCでIPv6アドレスを指定する方法

Windows で共有フォルダを見るときなどに「\\fileserver」とか「\\192.168.0.100」
のようにUNCという表記方法を使用します。

IPv6アドレスで指定する場合は少し工夫が必要、ということを最近知ったので書き留めておきます。

工夫とは
IPv6アドレスのコロン(:)をハイフン(-)に変えて、末尾に「.ipv6-literal.net」を付ける。
です。

たとえばIPv6アドレスが「2001:db8::1」なら「\\2001-db8--1.ipv6-literal.net」
「::1」なら「\\--1.ipv6-literal.net」です。

ipv6unc.jpg


・参考
IPv6アドレスについて知っておくべき10のこと - (page 2)
http://japan.zdnet.com/sp/10things/20423460/2/

Windows Server 2008 と Windows Vista の新しいネットワーク機能
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb726965.aspx
(「ipv6-literal.net 名のサポート」の箇所)
posted by webdev at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。