2006年08月27日

OpenLaszloな人は読んでおいたほうがいいかも

愛と苦悩の日記」というブログで「OpenLaszloの普及が難しいわけ
などの記事がかかれています。
複数の記事に渡ってかかれていますので、全部目を通しておきたいところです。


先日、トラックバックを頂きましたが、実はその前から「冷静な視線でみてるなぁ」と感想をもって読んでおりました。

OpenLaszloはとにかく日本で普及してない。
開発しているのもほとんど結局LaszloSystemの人だという話も聞いたことがあります。


続OpenLaszloの普及が難しいわけ」にもかかれていますように
私はWeb系雑記を開設したころはOpenLaszloにほれ込んでいました。


最近はちょっと変わってきました。心はFlexに動いています。
Flex 2のコストダウンのインパクトが大きかったです。


好奇心だけで追い続けてきたOpenLaszlo。
そろそろ見切りをつけるべきか。
もともとMacromediaは大好きでしたし。FireworksもDreamweaverも使ってました。



とはいえ「OpenLaszloなくなってしまえ」とは思っていません。
Flex Code Modelerのsato-shiさん(Flexの世界で有名な方)は
「OpenLaszloにもがんばってほしい。Adobeもあぐらをかけなくなるから」
とおっしゃっていました。


今度ネットエイト主催のセミナーに参加しようかと思います。

あくまで冷静に。


posted by webdev at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | OpenLaszlo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22901611

この記事へのトラックバック

OpenLaszlo(オープンラズロ)に関する不毛な神学論争
Excerpt: [url=http://webdev.seesaa.net/article/22901611.html]web雑記系のブログ[/url]で知った[url=http://tod.cocolog-nift..
Weblog: Nothing Compares
Tracked: 2006-08-28 09:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。