2006年09月13日

Reverse Ajax = comet ?

・Ajaxの“彗星”とともに現われたチャットサービス“Lingr”を使ってみた
http://ascii24.com/news/i/serv/article/2006/09/11/664477-000.html
Cometというのは何か特定の新しいプログラムやプロトコルを指す技術というよりも、サーバー・クライアント通信方式でリアルタイム性を重視した「HTTPコネクションの管理作法」という実装スタイルを指す。

Ajaxでウェブアプリケーションのレスポンスが良くなると、“クライアントからのリクエスト→サーバーのレスポンス”という一方通行だけの通信より一歩進んで、逆方向の通信も行ないたい、というニーズが生まれた。それが、HTTPコネクションをあえて切断せずに“つなぎっぱなし”にしてしまう実装スタイル、通称Cometというわけだ。


つまり、Ajaxでは難しいといわれていたサーバープッシュ配信のような
ものでしょうかね、

comet?


なにか聞いたことあるぞ…。


と思ったら「Webアプリにリアルタイム性は必要か」ですこし触れていました。
posted by webdev at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23710772

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。