2013年03月23日

YAMAHAルーターのNATとフィルターとルーティングの順番


→ [インターフェース] → [NAT] → [フィルタ] → [ルーティング] →↓
← [インターフェース] ← [NAT] ← [フィルタ] ←←←←←←←←←←

詳細は以下のページの「1.6. 処理の位置づけ」にて。
・NATディスクリプタ機能 概要
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/nat-descriptor/nat-abstruct.html


例えば、filter を書くときに NAT前アドレスを書くのかNAT後アドレスを書くのか、
迷ったりしたら思いだしたい内容です。


posted by webdev at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。