2014年02月16日

CatalystでスタックMACアドレスの扱いが機種ごとにどう違うか


スタック構成で(StackWise-480/StackWire/FlexStackなど)、
マスターが落ちた時のMACアドレスのデフォルトの扱いが
機種ごとに違うのではないかと思って、ドキュメントベースで調べてみました。

デフォルトだと、3750や29060Sが、新しいマスターのMACアドレスになるのに比べて、
3850は元のマスターのMACアドレスを引き継ぐ(stack-mac persistent timer 0と同じ?)
ということでしょうか。


 3850
 By default, the stack MAC address will be the MAC address of the first active switch, even if a new active switch takes over.

[引用元]
・Stack Manager and High Availability Configuration Guide, Cisco IOS XE Release 3SE (Catalyst 3850 Switches)
  ・Managing Switch Stacks
http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/switches/lan/catalyst3850/software/release/3se/ha_stack_manager/configuration_guide/b_hastck_3se_3850_cg/b_hastck_3se_3850_cg_chapter_010.html


 3750
When a master is removed from the stack and a new master takes over, the MAC address of the new master to become the new stack MAC router address.

[引用元]
・Catalyst 3750 Switch Software Configuration Guide, Cisco IOS Release 15.0(2)SE and Later
  ・Managing Switch Stacks
http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/switches/lan/catalyst3750/software/release/15-0_2_se/configuration/guide/scg3750/swstack.html#wp1206500


● 2960S
When a master is removed from the stack and a new master takes over, the MAC address of the new master to become the new stack MAC address. 

[引用元]
・Catalyst 2960, 2960-S, 2960-C, and 2960-Plus Switches Software Configuration Guide, Cisco IOS Release 15.0(2)SE and Later
  ・Managing Switch Stacks
http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/switches/lan/catalyst2960/software/release/15-0_2_se/configuration/guide/scg2960/swstack.html#wp1206500

posted by webdev at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388822171

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。