2008年07月28日

[Linux] xrdp - Linux 版リモートデスクトップサーバー

Windows の「リモートデスクトップ接続」クライアントを利用して、
Linux の X Window に接続できるツールを探していたらありました。

「xrdp」というツール
http://xrdp.sourceforge.net/


下記のページの Solaris 用の作業をすっ飛ばして
インストール、設定したら簡単にできました。

http://blogs.sun.com/thaniwa/entry/ja_xrdp


VNCと違って、ログイン画面からリモート操作できます。
posted by webdev at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

「Fedora Core」が「Fedora」に改称?

・Open Tech Press | Fedora 7テスト第1版が登場
http://opentechpress.jp/developer/article.pl?sid=07/02/06/0023249&from=rss
Fedora Core 6と比べ、Fedora 7では名称が短くなっただけでなく、Coreコレクションをすべて含むISOセットを提供しない点でも異なる。


そういうことらしいです。
というか、リリースサイクル早いですね。。
posted by webdev at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

smtp-authで「unable to write pipe」

qmailとsmtp-authの環境で認証が上手くいかなくてハマりました。

主な構成は
netqmail 1.05 + qmail-smtpd-auth-0.31パッチ + checkpassword

それでBecky!の設定で、SMTP認証とLOGIN、PLAINにチェックいれて
試してみました。
そしたら
454 oops, unable to write pipe and I can't auth (#4.3.0)


というエラーがでて認証が正常にできていない模様。

ちなみにqmail-smtpdを起動していたコマンドは以下のとおりです。(/etc/rc.d/init.d/qmail内に記述)
tcpserver -HR -v -u `id -u qmaild` -g `id -g qmaild` -x /etc/tcp.smtp.cdb \
0 smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd サーバーのFQDN \
/bin/checkpassword /bin/true 2>&1 | \
/var/qmail/bin/splogger smtpd 3 &


色々調べてたのですが、どうもqmailと起動するスクリプトを修正する必要がある模様。

・qmailの設定
http://www.syns.net/2/2/index.html#auth

上記サイトをみていたらtcpserverの-uや-gオプションの指定がqmaildのユーザーID
ではないことに気づきました。

ということで私の起動コマンドを

tcpserver -HR -v -x /etc/tcp.smtp.cdb \
0 smtp /var/qmail/bin/qmail-smtpd サーバーのFQDN \
/bin/checkpassword /bin/true 2>&1 | \
/var/qmail/bin/splogger smtpd 3 &


にしてroot権限で実行させたところ、正常に認証できました。

認証のファイル(この場合/etc/passwdとか/etc/shadow)をみに
いかなくてはいけないのでqmaildユーザーではなくrootで
起動ってことなんでしょうかね。

ということで、どうやらtcpserverの-uや-gオプションはqmaild
のままにして、 /bin/checkpasswordのパーミッションを
700から4755に変更することでも解決できるようです。
情報元は失念…。
この方法はsetuidを使用しているのでセキュリティ的にどうなんでしょうね。

いやぁ、そうとうハマっておりました。
でも解決策を講じる前にもたまに認証に成功してたのはなんだったんだろう。


*これらの解決方法以外にももっと良い方法があるがあるかも
しれませんので参考程度に。

[追記]
サーバーのFQDNを入れ忘れたときにも前述のエラーがでました。
とにかく起動しているコマンド(スクリプト)を見直すと吉です。
posted by webdev at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

Fedora Core 6 リリース

・Fedora Core 6 Release Summary
http://fedoraproject.org/wiki/FC6ReleaseSummary

正式版のリーリースが何度か延期になっていましたが、リリースされたようです。


ちょっと前にLinux上のモノスゴイGUIのムービーをYouTubeで見かけたのですが
あれはなんのディストリビューションにはいってるんだろうな。
posted by webdev at 00:49| Comment(4) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

RPMからファイルを取り出す方法

すぐ忘れるのでメモ。

たとえば、RPMがnet-snmp-5.0.6-17.i386.rpmなら

rpm2cpio net-snmp-5.0.6-17.i386.rpm | cpio -id

とやると、ディレクトリ構成も再現しながらファイルが展開されます。

「デフォルトのコンフィグに戻したいけどバックアップし忘れたー!」
なんてときに便利。

・@IT:RPMパッケージからファイルを取り出すには
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/522rpmcpio.html
posted by webdev at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Unix/Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。