2015年11月15日

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1に合格しました

本屋さんでHTML5プロフェッショナル認定試験の対策本を見かけて
気になったのでやってみることにしました。

■勉強方法

【本】

HTML4.01やCSS2.1の知識と経験はある程度あったのですが、
HTML5やCSS3についてはほとんどなかったので、まずは対策本
を一通り読みました。読んだのはこちらです。




合格にするための範囲はしっかりカバーしていると思います。
ただ、説明に対する表示例が少し少なめなので、
実際に書いて動かして見てみると良いと思います。

章末問題は本番より難しめです。「はじめに」でも
「正解が少なかったとしてもがっかりする必要ありません」
と書いてあるくらいです。
一方、PDFでダウンロードできる60問の模擬試験は
本番のレベルと同じかやや易しい感触です。


【問題集サイト】
・@IT ITトレメ HTML5プロフェッショナル認定資格レベル1

・HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1 サンプル問題
公式サイトにあるサンプル問題です。
順次追加されていくようです。
本番のレベルと同じかやや易しい感触です。


【コーディングサイト】
・JSFIDDLE
ブラウザ上でHTML、CSSを書くとそのまま表示してくれます。
オートインデントされたり、ちょっと気が利いた機能もありす。

・Validator.nu 
HTMLを入力して「Show Outline」にチェックを入れて、
Validateボタンを押すと、アウトラインが確認できます。
どうかいたら、どういうアウトラインになる?というのが
簡単に確認できてよいと思います。


【その他サイト】
・Specificity Calculator
CSSの詳細度を計算してくれるサイトです

・MdN Design Interactive >  第8回目 HTML5の「アウトライン」についてまとめよう 
セクションがなかなか理解できなかったのですが、
ここの説明をよんで理解できるようになりました。



■感想

試験はどちらかというと広く浅くという感じでした。
プロパティの意味を知ってるだけで答えられる問題も。

今回は勉強期間は6日間という短期集中でした。
もっと手を動かして、表示を確認して感覚をつかんだり
すれば良かったのですが、あまりできませんでした。

あとはHTML5やCSS3でできることがたくさん増えたのだなぁ、と思いましたね。
いままではできないとされていた、あんなことこんなことが
できるようになったようなので「Webはあれができないから〜」という
思い込みはやめるようにして「最近はどうなってるんだろう?」
という前のめりの思考にしたほうが良いなと思いました。




posted by webdev at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

Windows10でエクスプローラーで開いてるフォルダをコマンドプロンプトで開くのが楽になった

以前、エクスプローラーで開いているフォルダーをコマンドプロンプトで開く方法(またはその逆)を
ご紹介しましたが、Windows 10では、マウス操作で簡単にコマンドプロンプトが
開けるようになったようです。


まず、エクスプローラーでC:\Windows\system32を開いてるとします。
そこで、[ファイル]-[コマンドプロンプト]をクリックします。
win10cmd02.png



すると、開いていたフォルダをカレントフォルダとしたコマンドプロンプトが開きました。
win10cmd03.png


Windows8/8.1 でもできてたかどうかは未確認です。


posted by webdev at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

Windows標準で使用できる正規表現対応エディタとして「PowerShell ISE」という選択肢

数年間、Windows標準で使用できる正規表現対応エディタを探していましたが
「Windows PowerShell ISE」というPowerShellのコーディング環境が
使えることを発見しました。(Windows7以上)

Windows7では「アクセサリ」→「Windows PowerShell」の中にあります。
menu.png


検索や置換画面で「正規表現」チェックボックスをオンにするよ正規表現が使えます。
find.png


何に準拠しているのかは分かりません。$1 などの後方参照は使用出来ました。

様々な環境で使えるという点で、Windows標準でできることは嬉しいです。

posted by webdev at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

OpenFlow超初心者が最初の1週間で読んだ本たち

OpenFlowについては、雑誌の記事でチラ見して、
「あー、コントローラーとスイッチがあってコントローラで集中制御するのですね」
程度の理解でした。

しばらく自分には関係ないかなと思って放置していたのですが、
少し勉強してみようと思いました。

読んだ本をご紹介します。


【1】 マスタリングTCP/IP OpenFlow編
マスタリングTCP/IP OpenFlow編 [単行本(ソフトカバー)] / あきみち, 宮永 直樹, 岩田 淳 (著); オーム社 (刊)

とりあえずまとまった情報が欲しくて購入。
仕様がバージョン別に説明されています。
ひと通り読みました。
純粋に仕様を知りたい人向けだと思います。
とにかく手を動かしてみたいという人には不向きです。


【2】 クラウド時代のネットワーク技術 OpenFlow実践入門 
クラウド時代のネットワーク技術 OpenFlow実践入門 (Software Design plus) [単行本(ソフトカバー)] / 高宮 安仁, 鈴木 一哉 (著); 技術評論社 (刊)
仕様はそこそこで良いので手を動かしてみたいという人向けです。Tremaです。
Tremaに特化しているところはあまり読みませんでした。


【3】日経コミュニケーション2013年9月号
すこし大きな括りとしてSDNの特集を読みました。
事例が参考になりました。
ケーブルの本数が多くなる、という点がやけに記憶に残っています。





【おまけ】
まだ読んでいないですが、気になっている本はこのへんです。
OpenFlow徹底入門 SDNを実現する技術と知識 [大型本] / 馬場 達也, 大上 貴充, 関山 宜孝, 畑 知也 (著); 翔泳社 (刊)


すべてわかるSDN大全 (日経BPムック) [ムック] / 日経NETWORK, 日経コミュニケーション, 日経コンピュータ (編集); 日経BP社 (刊)


あと、OpenFlowに特化しているわけではないですが、
ネットワーク仮想化というくくりではこの本を予め読んでおきました。
ネットワーク仮想化 基礎からすっきりわかる入門書 [単行本(ソフトカバー)] / 渡辺和彦, 法橋和昌, 沢村利樹, 池上竜之 (著); リックテレコム (刊)
posted by webdev at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

Catalystのdefineコマンドを使ってみた

「ネットワークウォリア」という本を見ていたら、Catalyst 3750 に define コマンドというのがあって

define interface-range servers GigabitEthernet1/0/1 - 12

ようようにインターフェース範囲を名前をつけて定義すると

interface range macro servers

のようにして呼び出せることを知りました。


こんな感じです。

3750(config)# define interface-range servers GigabitEthernet1/0/1 - 12
3750(config)#int range macro servers
3750(config-if-range)#

macroの名前は補完きかないみたいです。
posted by webdev at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

Wireshark の Display Filter を手軽に作る


キャプチャした既存のパケットを利用して、Display Filterを作ることができます。

filter.png


普通にDisplay Filter書くときも、補完がきくので簡単といえば簡単なのですが、
こっちのほうが簡単なときもあると思います。

[検証環境] Wireshark 1.8.6  64bit Windows版
posted by webdev at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

ping -t で打ちっぱなしにしてる途中で統計を表示する方法

Windows の ping です。

-t オプションで打ちっぱなしにしてるときに、Ctrl+Break を押すと途中の統計が表示されます。
ping 打ちっぱなしは継続されます。


ping.png


何を押すかわすれた時でも、普通に ping /? のヘルプに書いてあるので見ればOKです。
posted by webdev at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

YAMAHAルーターのNATとフィルターとルーティングの順番


→ [インターフェース] → [NAT] → [フィルタ] → [ルーティング] →↓
← [インターフェース] ← [NAT] ← [フィルタ] ←←←←←←←←←←

詳細は以下のページの「1.6. 処理の位置づけ」にて。
・NATディスクリプタ機能 概要
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/nat-descriptor/nat-abstruct.html


例えば、filter を書くときに NAT前アドレスを書くのかNAT後アドレスを書くのか、
迷ったりしたら思いだしたい内容です。


posted by webdev at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

YAMAHAルータのNATの検証メモ

うまく説明出来ませんが、こういう設定でこういうping打ったらこうなったという検証メモです。
個人的に、挙動を忘れやすいのでブログの記事としてアップしておきます・・。

■ 検証1
nat101.png
・設定とパケットキャプチャ
nat102.png


■ 検証2
nat201.png
・設定とパケットキャプチャ
nat202.png

posted by webdev at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

Excel 2013 はシート一覧からシートが選択しやすくなった

Excel でシートの移動ボタンあたりを右クリックするとシート一覧が表示されて、
シート名をクリックするとそのシートが表示されるようになっています。
簡易的な目次として使えると思います。
excel01.png

Excel 2010 までは、シート数が多くなると、いきなりは全シートの一覧が表示されず、
「シートの選択」を選択しないといけませんでした。
excel02.png
excel03.png


Excel 2013 では、いきなり全シートの一覧が表示されるようになったようです。
excel04.png

地味ですが個人的には嬉しい改善でした。
posted by webdev at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ブラウザでドラッグ&ドロップでファイル選択する


Gmail などのサービスではブラウザ内にファイルをドラッグ&ドロップすることによってファイル選択ができます。

普通の <input type="file"> でもブラウザによっては同じようにドラッグ&ドロップでできます。

fileselect.png
試したのは Windows 版の Chrome 23 と Firefox 16 ですが、だいぶからできたかと思います。


posted by webdev at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

Word嫌いを治すために読んだ2冊

2012年11月3日開催の odstudy 2012.11 に参加してきました。

主に「Microsoft Officeの各プロダクト(Excel、Word、PowerPoint)について、使用法や魅力を語る内容」でした。
公式サイト上のレポートはこちら。
https://sites.google.com/site/odstudy/home/2012-11report

それで思い出したのですが、以前私も Word 嫌いを治すために少し使い方を調べていた時期がありました。
その頃に読んだ2冊をご紹介します。


1. エンジニアのためのWord再入門講座

セッション中でも紹介されていました。
一番良く読んだのは第3章の「スタイルを理解することから始めよう」です。
スタイルを正しく使うとメンテナンスが楽になることを実感しました。

ドキッとするのは「はじめに」ある以下の文です。

「Wordくらい使えるよ。でも使いづらいし、変な動きをするし、ちっとも思い通りのドキュメントが作れないから好きじゃないね」……まぁまぁ、そう顔をしかめないでください。(略)しかし、それはWordを正しく使いこなしていないからではないでしょうか。



2. もう迷わない! Wordで作る長文ドキュメント 【2007/2003/2002対応】

一番良く読んだのはPart3の「こうすれば迷わない 〜見出しは本文の体裁を整える」です。
そのなかでも特に参考になったのはP99「見出しに番号を付ける確かな手順と注意点」〜P105 です。
ここを読んで、見出しをうまく階層ナンバリングが出来るようになりました。

現在ではWord2010にも対応した類似の書籍があるので、書店で見かけるのはそちらだと思います。
Wordで作る長文ドキュメント ~論文・仕様書・マニュアル作成をもっと効率的に 【2010/2007/2003/2002対応】

著者の西上原 裕明さんは他にもWordの書籍を執筆されています。
単なる入門本だけではないので、一度手にとって見ることをおすすめします。




悩ましいのは、自分一人が使い方を詳しくなっても、効果が限定的であることです。
せっかくスタイルをうまく使ってても、他の人が破綻させてしまう可能性があるからです。

HTML/CSS でいうと、外部CSSファイルで良い感じになっていたのに、
各要素に思いつきで style 属性を付けらたり、font タグ使われたりして、
ぬあーってなった経験ありませんでしょうか。

本当にメンテナンス性がよいドキュメントを目指す場合、周知や教育などをもしっかりして
巻き込んでいく必要があると思います。

特に Word に限ったことではないですけどね・・。
posted by webdev at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

powershellコマンドで一行電卓

Windows の DOSプロンプトで powershell コマンドの引数に計算式を与えると計算結果が返ってきます。

電卓や Excel より便利な時があるので使えると思います。

powershell.png
posted by webdev at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

NBTによる名前解決キャッシュの削除にはUAC上の管理者権限が必要

Windows上での名前解決の方法はDNS、LLMNR、NBT(NetBIOS over TCP/IP)、WINS、
と色々あります。
この中でやや古くなった感のあるNBTですが、まだまだ使用されていると思います。

NBTはDNSと同様に名前解決の結果を一定期間端末内にキャッシュしています。
何らかの事情でキャッシュを削除したい時がありますが、
Windows Vista や Windows 7 だとエラーメッセージが表示されて削除
できないことがあります。

対策をご紹介します。


1. 現在、WIN2008Rという名前とそれに対するIPアドレスをキャッシュしているものとします。
  NBTの名前解決キャッシュの確認コマンドは「nbtstat -c」です。
nbt01.png


2. 「nbtstat -R」で削除を試みますが、「NBT リモート キャッシュ テーブルを削除できませんでした。
  というエラーが表示されて、削除できないようです。
nbt02.png


3. 上記エラーはUAC(ユーザーアカウント制御)に引っかかったためです。
  そのためコマンドプロンプトをUAC上の管理者権限で開きます。(いわゆるAdministratorだけでも上記エラーになります)
nbt03.png


4. 再度「nbtstat -R」で削除。今度は削除できました。
nbt04.png


5. 念のためキャッシュを表示して削除されたことを確認します。
nbt05.png



エラーメッセージだけは判断しづらいですよね。
UAC上の管理者権限が必要なネットワーク系のコマンドはほかに
Windows Vistaでは「ipconfig /release」「arp -d」
Windwos 7 では「arp -d」
などがあります。


以上です。



posted by webdev at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

Skypeを複数アカウント同時に起動しておく方法

skype.png

Windows版です。

skype.exe に /secondary オプションを付けて起動すると、
別のアカウント用のSkypeが起動します。

例:
C:\Program Files (x86)\Skype\Phone\Skype.exe /secondary

元ネタ:
Skypeヘルプ – 1つのコンピュータ上で2つのSkypeアカウントを実行するにはどうすればよいですか?



posted by webdev at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

エクスプローラーで開いているフォルダーをコマンドプロンプトで開く方法(またはその逆)

Windowsでエクスプローラーでファイル、フォルダーの操作をしている時に
「あ、これコマンドプロンプトで操作したいな」
と思うことはないでしょうか。

そんな時に便利なTIPSです。Windows Vista/7で確認しています。


■エクスプローラー→コマンドプロンプト

例えば「D:\test」フォルダをカレントフォルダーとしてコマンドプロンプトを開きたいとします。

【方法1】
そのフォルダを開いている時、適当な所で「Shiftキー」を押しながら右クリックします。
以下のメニューが表示されますので「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックします。
expcmd02.png

【方法2】 (こちらはWindows 7のみ)
アドレスバーに「cmd」と入力してエンターを押します。
expcmd01.png


「D:\test」フォルダーをカレントフォルダーとしてコマンドプロンプトが開きました。
expcmd03.png


■コマンドプロンプト→エクスプローラー

逆にコマンドプロンプトで開いているフォルダーをエクスプローラーで開きたい場合は、「start .」を実行します。
expcmd04.png

同じフォルダーがエクスプローラーで開きました。
expcmd05.png

逆のパターンを教えていただいた @TearTheSky さん、ありがとうございました。



posted by webdev at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

技術書かるた

ふと思いついたので書き留めてみます。

技術書でかるたをやったら面白いかなーって思いました。
乱暴に扱っては行けませんが。
本屋によく行くので私自身もわりといけると思います。オライリーにはちょっと弱いかな・・

[イメージ]
karuta.png


こういう発想は「インフラエンジニア双六」の影響があります。
https://sites.google.com/site/sgijinka/sugoroku 
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51321348.html
エンジニアとおもちゃ(?)という組み合わせに、なんだかわくわくするのです。

 
posted by webdev at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

2011年に読んだ本

2011年、今年読んだ本をひとことコメントでご紹介します。
ネットワーク関連が多い年となりました。

■ すっきりわかった! 無線LAN

すっきりわかった! 無線LAN (NETWORK MAGAZINE BOOKS) [単行本] / ネットワークマガジン編集部 (編集); アスキー (刊)複数メーカの実際の設定画面などが載っててよかったです。


■ 間違いだらけのネットワーク作り
間違いだらけのネットワーク作り [単行本(ソフトカバー)] / 松田 次博 (著); 日経BP社 (刊)技術本というより、読み物です。



■ Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)特集の「遅延について考える」が読みたくて購入。


■ 実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング
実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング [単行本] / Chris Sanders (著); 園田 道夫, 園田 道夫 (監修); 一瀬 小夜 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)サンプルファイルがオライリーのサイトからダウンロードできるのも良い。


■ ネットワーク超入門講座 保守運用管理編
ネットワーク超入門講座 保守運用管理編 [単行本] / 三上 信男 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)プロトコルうんぬんではなくて、保守運用管理の話。コンソールサーバーという機器はこの本で初めて知りました。個人的に今年読んで良かった本の第3位です。


■ IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入 [単行本] / 大元 隆志 (著); リックテレコム (刊)IPv6が苦手だった私が興味を持つきっかけとなった本です。個人的に今年読んで良かった本の第1位です。


■ ネットワークトラブル対応徹底解説―クラウド時代のネットワーク設計・構築・運用術
ネットワークトラブル対応徹底解説―クラウド時代のネットワーク設計・構築・運用術 [単行本] / 富士通認定プロフェッショナル, ITアーキテクト (著); 日経コミュニケーション (編集); 日経BP社 (刊)いろいろな事例が載っていて興味深かったです。個人的に今年読んで良かった本の第2位です。


■ Software Design 2011年 06月号
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 06月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)特集の「IPv6 [実践]入門」  入門にちょうど良いボリュームでした。


■ ITサービスマネージャ「専門知識+午後問題」の重点対策〈2011〉
ITサービスマネージャ「専門知識+午後問題」の重点対策〈2011〉 (情報処理技術者試験対策書) [単行本] / 粕淵 卓 (著); アイテック (刊)秋の試験対策に。その1。少し古めの過去問目当て。


■ 徹底解説ITサービスマネージャ本試験問題〈2011〉
徹底解説ITサービスマネージャ本試験問題〈2011〉 (情報処理技術者試験対策書) [単行本] / アイテック情報技術教育研究部 (著); アイテック (刊)秋の試験対策に。その2。最近の過去問目当て。


■ 絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門
絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門 (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書) [ムック] / 日経NETWORK (編集); 日経BP社 (刊)結構ボリュームあります。


■ 図解入門業界研究 最新通信業界の動向とカラクリがよーくわかる本
図解入門業界研究 最新通信業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book) [単行本] / 中野 明 (著); 秀和システム (刊)あまり業界のこと知らないので読みました。


■ HTML5・JavaScript・CSS3アプリケーション開発入門
HTML5・JavaScript・CSS3アプリケーション開発入門 (日経BPパソコンベストムック) [ムック] / 日経ソフトウエア (編集); 日経BP社 (刊)HTML5はしばらく放置しようと思っていたのですが、どうしても気になったので。


■ やさしいAndroidプログラミング
やさしいAndroidプログラミング (やさしいシリーズ) [単行本] / 高橋 麻奈 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)気まぐれで購入しました。


来年も素敵な本との出会いがありますように。
以上です。
posted by webdev at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

私の情報収集方法 -Twitter検索もブログ検索もRSSリーダーへ-


私がIT系の情報を集めるときの方法をご紹介します。特に目新しいことはないと思いますが・・
方針としては「なるべくRSSリーダーにつっこむ」です。


■ RSSリーダー

やはりメインはこれです。私は現在はGoogleリーダーを使用しています。
気になるニュースサイト、ブログなどを見かけて今後も追っていきたいなと思ったら即登録します。
登録フィードは増えてしまって、現在200くらいです。
フィードを読むときは、ざーっと眺めて気になったものだけ開くという感じです。全部読もうとはしていません。

最近登録して気に入っているのは「ソーシャルニュース Ceron.jp[セロン]」というサイトのIT・技術カテゴリのRSSです。
ソーシャルメディアで注目されているニュースが掲載されます。
http://ceron.jp/itnews/


■ Twitter上のタイムライン

興味の対象が似ている人をフォローしておくと、興味のありそうな内容をツイートしてくれるので良いです。
また、RSSリーダーでは特に気にも留めなかったものも「あ、この人が気にしてるものなら見てみようかな」という気持ちになります。


■ Twitter検索

http://search.twitter.com/search.atom?q=気になるキーワード
とやると検索結果がRSSで出力されるので、このURLをRSSリーダーに登録しておきます。
lang=jaというパラメーターを追加すると日本語のみになるようです。以下、例。
http://search.twitter.com/search.atom?q=html5&lang=ja

■ Googleブログ検索

http://www.google.co.jp/blogsearch
ブログ検索すると画面の下にRSSへのリンクがでるので、このURLをRSSリーダーに登録しておきます。
googleblog.jpg


■ Googleアラート

http://www.google.co.jp/alerts
気になるキーワードを登録して、配信先で「フィード」をGoogleリーダーで見れるようにしておきます。配信先は他にメールアドレスが選択できます。というか最近までメールしか選択できないと思っていました・・。
これ、「タイプ」をすべてにすると、先ほどのGoogleブログ検索とかぶってしまうのかな。
googlealert.jpg


今後の課題としては、RSSリーダーに突っ込みっぱなしのものの整理整頓です・・
重要度とかで分けたり、消したりしようと思います。


 
posted by webdev at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

[書籍]Software Design 2007年4月号

・Software Design 2007年4月号
http://www.gihyo.co.jp/magazines/SD/archive/200704

特集
あなたの環境をセキュアかつ使いやすく!
ネットワーク&サーバ「鉄壁」リモート管理術

第2特集
Firefox拡張機能開発チュートリアル


携帯電話からSSHするアプリや、Firefoxの拡張機能に
興味があったので買ってみました。
両特集とも50ページほどあって充実してますよ。
posted by webdev at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。