2012年01月28日

Connectify(ソフトウェア無線ルーター)のインストールと設定


■ Connectifyとは

Connectifyとは、Windows PCを無線ルーターにするツールです。Liteという無料のエディションもあります。
Windows 7やWindows Server 2008 R2に付属している「Virtual Wi-Fi」という機能を使用してるうそうです。詳しく調べていませんが、対応するNIC、しないNICがあるかもしれません。

Connectifyでは以下のようなことができます。
(例1)有線でインターネットに接続しているPCを仮想のソフトウェアAPにする。
c00-01.png

(例2)無線でインターネットに接続しているPCを仮想のソフトウェアAPにする。 (無線NIC1つのみを使用し、有線NICは使用しない)
c00-02.png

試してみるにあたり、ネットを調べてみたのですが、バージョンが違うのか微妙に設定方法が違っていました。なので自分が試した時のインストールや設定方法を以下にまとめます。(今回は3.2.0.22201 Free)


■ インストール

ダウンロードページ(http://www.connectify.me/download-lite/)の下部のリンク「Download Connectify Lite」からセットアップファイルをダウンロードして起動します。
c01-01.png

ライセンス条項を確認して「I Agree」をクリックします。
c01-02.png

インストール後、再起動が必要なので「Reboot now」を選択して「Finish」をクリックします。OSが再起動されます。
c01-03.png

OSが再起動すると、最初に以下の画面が中央に表示されます。なにか説明が書いてありますが「Continue」をクリックします。
c02-01.png

今回はLiteエディション(無料)で事が足りるので「Try Coonectify Lite」をクリックします。次回OS起動時はこの画面は表示されなくなります。
c02-02.png

右下にはConnectify設定画面が表示されています。ここで少し設定が必要です。(次項へ)


■ 接続設定
c03-01.png
(1) Hotspot Name: SSIDを設定します。プレフィックスの「Connectify-」は変更や削除はできません。今回使用しているLiteではなくProなら変更できるようです。
(2) Password: SSIDに対するパスワードを設定します。あとで出てくるShareing Mode「Open」にする場合は設定する必要ありません。
(3) Internet: インターネット側のネットワークインターフェースを指定します。この画面の例のように無線でも構いません。
(4) Sharing Over: 無線APとして動作させる無線ネットワークを設定します。この画面の例のようにShare Overと同じネットワークインターフェースでも構いません。
(5) Sharing Mode: セキュリティの設定。WPA2、OPEN、WEPの3つが選択できます。
c03-02.png


■ 起動

[Start Hotspot]ボタンをクリックするとソフト無線ルーターとして起動します。

私の環境だと以下のようにとあるHot Fixをインストールしてくれとメッセージが表示されますが、OS再起動して再度試すと表示されなくなって正常に起動できました。
c04-05.png

起動すると、タスクトレイに以下のようなメッセージが表示されます。
c04-01.png

そうすると、無線クライアント側からSSIDが見えてくるので接続します。

接続するとConnectifyの「Cliets」タブのConnected Clientsのところに表示されます。ここでは 192.168.3.0/24のアドレスがクライアントに振られています。ConnectifyがDHCPサーバーにもなっているのですね。インターネット側とは違うセグメントなのでNATしてくれるということだと思います。

c04-02.png

また、タスクバーのアイコンには人がでてきます。
c04-03.png


■ 停止

「Settings」の[Stop Hotspot]ボタンをクリックすると、無線ルーターの機能が停止されます。


■ その他

○ 自動起動設定
デフォルトではOS起動時に無線ルーター機能が自動起動するようになっています。
c09-03.png
自動起動しないようにするには、Windowsのサービスで「Connectify」というサービスを手動または無効にします。


○ Virtual Wi-Fi確認
無線ルーター機能を起動しているときにネットワークインターフェース一覧を見るとConnectifyが使用していることを確認できます。
c09-01.png
プロパティを見るとこの場合「192.168.3.1」になっていて、無線クライアントと同じセグメントであることが確認できました。どいうセグメントを使用するかはConnectifyが自動で決めるようです。あるときは「192.168.195.1」にっていた時もありました。



インストールと設定は以上です。

「スマートフォンを家でWi-Fiで使ってみたいけど、有線のルーターしかなくて・・」というような方にもお試しいただけるかと思います。
他にもいろいろ応用できるかも?

 
posted by webdev at 21:31| Comment(5) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

ITサービスマネージャ勉強記12(結果)

ご報告が遅れましたが・・

12月に結果が出ています。

sm2011_01.png

どーん。

午後2は論文です。Dは最低評価です。文字数足りてませんでしたからね・・
sm2011_02.png
午後1通過したのはよかっやです。一応目標はここまでだったので。

来年は受けるかどうかは未定です。

お疲れ様でした!
2011年ITサービスマネージャ勉強記、おしまい。

・ITサービスマネージャ勉強記01〜12
http://webdev.seesaa.net/category/11104388-1.html


2011年12月29日

2011年に読んだ本

2011年、今年読んだ本をひとことコメントでご紹介します。
ネットワーク関連が多い年となりました。

■ すっきりわかった! 無線LAN

すっきりわかった! 無線LAN (NETWORK MAGAZINE BOOKS) [単行本] / ネットワークマガジン編集部 (編集); アスキー (刊)複数メーカの実際の設定画面などが載っててよかったです。


■ 間違いだらけのネットワーク作り
間違いだらけのネットワーク作り [単行本(ソフトカバー)] / 松田 次博 (著); 日経BP社 (刊)技術本というより、読み物です。



■ Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 04月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)特集の「遅延について考える」が読みたくて購入。


■ 実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング
実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング [単行本] / Chris Sanders (著); 園田 道夫, 園田 道夫 (監修); 一瀬 小夜 (翻訳); オライリー・ジャパン (刊)サンプルファイルがオライリーのサイトからダウンロードできるのも良い。


■ ネットワーク超入門講座 保守運用管理編
ネットワーク超入門講座 保守運用管理編 [単行本] / 三上 信男 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)プロトコルうんぬんではなくて、保守運用管理の話。コンソールサーバーという機器はこの本で初めて知りました。個人的に今年読んで良かった本の第3位です。


■ IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入
IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入 [単行本] / 大元 隆志 (著); リックテレコム (刊)IPv6が苦手だった私が興味を持つきっかけとなった本です。個人的に今年読んで良かった本の第1位です。


■ ネットワークトラブル対応徹底解説―クラウド時代のネットワーク設計・構築・運用術
ネットワークトラブル対応徹底解説―クラウド時代のネットワーク設計・構築・運用術 [単行本] / 富士通認定プロフェッショナル, ITアーキテクト (著); 日経コミュニケーション (編集); 日経BP社 (刊)いろいろな事例が載っていて興味深かったです。個人的に今年読んで良かった本の第2位です。


■ Software Design 2011年 06月号
Software Design (ソフトウェア デザイン) 2011年 06月号 [雑誌] [雑誌] / 技術評論社 (刊)特集の「IPv6 [実践]入門」  入門にちょうど良いボリュームでした。


■ ITサービスマネージャ「専門知識+午後問題」の重点対策〈2011〉
ITサービスマネージャ「専門知識+午後問題」の重点対策〈2011〉 (情報処理技術者試験対策書) [単行本] / 粕淵 卓 (著); アイテック (刊)秋の試験対策に。その1。少し古めの過去問目当て。


■ 徹底解説ITサービスマネージャ本試験問題〈2011〉
徹底解説ITサービスマネージャ本試験問題〈2011〉 (情報処理技術者試験対策書) [単行本] / アイテック情報技術教育研究部 (著); アイテック (刊)秋の試験対策に。その2。最近の過去問目当て。


■ 絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門
絶対わかる!IPv4枯渇対策&IPv6移行超入門 (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書) [ムック] / 日経NETWORK (編集); 日経BP社 (刊)結構ボリュームあります。


■ 図解入門業界研究 最新通信業界の動向とカラクリがよーくわかる本
図解入門業界研究 最新通信業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book) [単行本] / 中野 明 (著); 秀和システム (刊)あまり業界のこと知らないので読みました。


■ HTML5・JavaScript・CSS3アプリケーション開発入門
HTML5・JavaScript・CSS3アプリケーション開発入門 (日経BPパソコンベストムック) [ムック] / 日経ソフトウエア (編集); 日経BP社 (刊)HTML5はしばらく放置しようと思っていたのですが、どうしても気になったので。


■ やさしいAndroidプログラミング
やさしいAndroidプログラミング (やさしいシリーズ) [単行本] / 高橋 麻奈 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)気まぐれで購入しました。


来年も素敵な本との出会いがありますように。
以上です。
posted by webdev at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

YAMAHAルーターの「tcpflag=0x0002/0x0017」の意味

以下の設定例があります。

・自社サーバーを公開する(1)
http://jp.yamaha.com/products/network/solution/server/

ここに
ip filter 1031 pass * 192.168.10.2 tcpflag=0x0002/0x0017 * www
という設定があります。

このtcpflag=0x0002/0x0017については補足で
「最初のパケット(SYN)だけを通すフィルタです。」
という説明があります。どういうことかなと思って、調べてみました。

コマンドリファレンス(PDF)の「9.1.8 IP パケットのフィルタの設定」の章によると
tcpflag=value/mask
TCPフラグの値とmaskの値の論理積 (AND) が、valueに一致
ということらしいです。

tcpflag=0x0002/0x0017を当てはめてみます。

 URG
ACK
PSH
RST
SYN
FIN
 value(0x0020) 0 0 0 0 1 0
 mask(0x0017) 0 1 0 1 1 1

で、例えば 000010(SYNのみ) というフラグのパケットが来た場合、
対象パケット000010 と mask 010111 の論理積は 000010 になって
value 000010 と一致するのでマッチする。

他、010000(ACKのみ) が来た場合、
対象パケット010000 と mask 010111 の論理積は 010000  になって
value 000010 と一致しないのでマッチしない。

まとめると、tcpflag=0x0002/0x0017 の場合、以下の4パターンがマッチするはずです。
  • 000010 : SYN
  • 001010 : PSH,SYN
  • 100010 : URG,SYN
  • 101010 : URG,PSH,SYN

当初「最初のパケット(SYN)だけを通すフィルタです。」という記述を見たとき
短絡的にSYNビットだけがセットされているパケット、と考えてしまいました。
それならmaskが0xffffとかなるはずなので、一人で混乱していたのでまとめてみました。

※フラグの意味はこちらのサイトが参考になります。
 http://atnetwork.info/tcpip/tcpip29.html
posted by webdev at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

私の情報収集方法 -Twitter検索もブログ検索もRSSリーダーへ-


私がIT系の情報を集めるときの方法をご紹介します。特に目新しいことはないと思いますが・・
方針としては「なるべくRSSリーダーにつっこむ」です。


■ RSSリーダー

やはりメインはこれです。私は現在はGoogleリーダーを使用しています。
気になるニュースサイト、ブログなどを見かけて今後も追っていきたいなと思ったら即登録します。
登録フィードは増えてしまって、現在200くらいです。
フィードを読むときは、ざーっと眺めて気になったものだけ開くという感じです。全部読もうとはしていません。

最近登録して気に入っているのは「ソーシャルニュース Ceron.jp[セロン]」というサイトのIT・技術カテゴリのRSSです。
ソーシャルメディアで注目されているニュースが掲載されます。
http://ceron.jp/itnews/


■ Twitter上のタイムライン

興味の対象が似ている人をフォローしておくと、興味のありそうな内容をツイートしてくれるので良いです。
また、RSSリーダーでは特に気にも留めなかったものも「あ、この人が気にしてるものなら見てみようかな」という気持ちになります。


■ Twitter検索

http://search.twitter.com/search.atom?q=気になるキーワード
とやると検索結果がRSSで出力されるので、このURLをRSSリーダーに登録しておきます。
lang=jaというパラメーターを追加すると日本語のみになるようです。以下、例。
http://search.twitter.com/search.atom?q=html5&lang=ja

■ Googleブログ検索

http://www.google.co.jp/blogsearch
ブログ検索すると画面の下にRSSへのリンクがでるので、このURLをRSSリーダーに登録しておきます。
googleblog.jpg


■ Googleアラート

http://www.google.co.jp/alerts
気になるキーワードを登録して、配信先で「フィード」をGoogleリーダーで見れるようにしておきます。配信先は他にメールアドレスが選択できます。というか最近までメールしか選択できないと思っていました・・。
これ、「タイプ」をすべてにすると、先ほどのGoogleブログ検索とかぶってしまうのかな。
googlealert.jpg


今後の課題としては、RSSリーダーに突っ込みっぱなしのものの整理整頓です・・
重要度とかで分けたり、消したりしようと思います。


 
posted by webdev at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。